admin≫

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手する

 OG情報 涼風・奈ツ城・高帆・ひび希・毬紗・真汐 コンサート 

10月12日(祝)SRC Petit Concert vol.1
Ever
公演決定!


SRC初のvocal concert
この作品のDVD販売予定はございませんので
皆様お誘い合わせの上 この1回の公演!おみのがしなく!!

会場    世界館 (acssesは下記に記載)

開演時間 15:30(開場は30分前)

全席指定席

料金    前売り¥4.000 当日¥4.500

Cast
    涼風うらら 奈ッ城有貴 高帆未来 ひび希美香 毬紗みのり 真汐祐奈


9月5日より チケット予約を開始致します。お問い合わせよりどうぞ!

 また お電話 FAXでも受け付けております。下記番号SRC/actorsstudio
 へお願いいたします。



※ ご予約のご連絡をして頂いた後 振り込み用紙に(もしくはお申し込みの際に)

・枚数・お電話(携帯電話可) ・郵送または・当日預かり 

を必ずご記入の上 料金をお振り込み下さい。


確認後 受付完了となり 発送または チケット確保させて頂きます。


世界館 acsses   JR環状線 弁天町駅下車
             (大阪駅方向4番出口)より徒歩8分
             〒552-0001
             大阪市港区波除6-5-15
             Tel 06-6797-9824
             web www.theater-sekaikan.com

SRC HPより

スポンサーサイト
拍手する

 御園座70年史より⑤ 昭和29年 

昭和29年、この年はお正月公演です。

  昭和29年の正月興行は、大阪松竹歌劇団をもって一日から開演。重な出演者は秋月恵美子・芦原千津子・米花真砂子・汐月満子・若草かほる・葛城日佐子・小町瑠美子・牧香織・桜国子・朱雀京子・真城のぶ・千鳥浪路など。
 第一のミュージカル・コメディー『極楽島綺譚』は、ひとりの男性が女だけの島へ漂着した物語。たわいないが、初春のお笑いとしては好適で、葛城日佐子と桜国子の三枚目ぶりが光っていた。
 第二のグランド・レビュー『初春おどり』は、日舞を楳茂都陸平・西川鯉三郎・尾上菊之丞が振付け、洋舞を飛鳥亮・岡正躬・滝川はやみ・八木沼陸郎が指導。前半は日舞が主体で、鯉三郎振付・芦原主演の“雨”、陸平振付・秋月主演の“蝶”、菊之丞振付・米花と若草主演の“菊の酒”などにすぐれたくふうが見え、後半の洋舞では“サイエンスの時代”や“化学者の部屋”に幾何学的な線や光をふんだんにつかい、“恋のプロムナード”ではつい先ごろ来日したホリディ・オン・アイスのコミックを取り入れるなど、できるだけ新鮮味を出そうとする努力がうかがわれた。料金はA席300円、B席180円、桟敷四人詰1320円で十日までの公演。



極楽島、極楽島、、、どっかで見たことあるなあと思って、探してみたら、ちどりさんのところにありました。
ちどりん日記

拍手する

 OG情報 晴嶺真歩 

松平夏奈さん(晴嶺真歩)の情報です。
ここからわかったのですが、すでに終了してました。

拍手する

 御園座70年史より④ 昭和28年 1月と6月 

この年は1月と6月の2回、御園座で公演しています。
お正月公演が定期公演化していきますが、6月はこのあと、公演していないようです。

 昭和28年の初春公演は、大阪松竹歌劇団をむかえて、はなやかな幕をあけた。
 ドラマチック・レビュー『大仏開眼』天平編・鎌倉編は、楳茂都陸平の作ならびに構成で、二十場にわたる長編のスぺクタクル。これには香住豊・汐月満子・葛城日佐子・小町瑠美子・牧香織・朱雀京子などの松組が活躍し、グランド・レビュー『初春おどり』“日本一桃太郎”は、秋月恵美子・芦原千津子、勝浦千浪を中心に、竹組米花真砂子・大淀しぐれ・若草かほる・月小夜子・桜国子・千鳥浪路らと松組のスターがはつらつたる若さの香りを発散、美しいおとぎの国を舞台に展開した。入場料はA席300円、B席180円で一日から十五日までの公演。
 


 6月を迎えると、5日から14日まで大阪松竹歌劇団が名古屋進出一周年記念公演を行なった。重な出演者は秋月恵美子・芦原千津子・勝浦千浪のほか松組香住豊・汐月満子・葛城日佐子・小町瑠美子・牧香織・朱雀京子、竹組米花真砂子・大淀しぐれ・若草かほる・月小夜子・桜国子・千鳥浪路など。はじめに西川鯉三郎振付の『連獅子』があって、秋月・芦原・勝浦・香住・米花が出演。次の青山圭男『愛のたくらみ』は、を中心に中堅を起用した少女歌劇調の軽くて甘いオペレッタ。呼びものの『春のおどり』は例のとおり日舞、洋舞半々の構成で全二十景。豪華な舞台面と秋月・芦原・勝浦・香住・米花の五人を適度に配した各場面の踊りはさすがに修練を積んでみごとなもの。中でも秋月の清姫との安珍を主軸にした“執心慕情”、米花が中心になる“雨乞太鼓”、秋月・芦原・勝浦・香住などの“ブロードウェイ・ロンド”は秀逸であった。この入場料はA席300円、B席180円の二種。

6月の“執心慕情”は秋月さんが清姫だったんですね!






拍手する

 御園座70年史より③ 昭和27年 大阪松竹歌劇団 

昭和13年から昭和27年6月まで大阪松竹歌劇団の公演はなく、18年ぶりに御園座で公演。

以下引用。

 「続いて十五日から八日間、秋月恵美子・芦原千津子・勝浦千浪・香住豊・米花真砂子・大淀しぐれ・汐月満子・若草かほる・葛城日佐子・月小夜子・牧香織などの大阪松竹歌劇団が十八年ぶりに来演。はじめに秋月・芦原・勝浦・香住・米花の口上、次は飛鳥亮作演出の『親分とシャボテン娘』という軽い喜歌劇、そのあとに秋月・勝浦・芦原・香住の素踊『越後獅子』があってから、呼びものの全員総出演による第二十七回『春のおどり』で、赤ちょうちんを舞台の前面にすきまなく飾ったプロローグから、大階段に全員登場のグランドフィナーレに至るまで前半が邦舞、後半が洋舞の全二十景、ダイナミックな踊りと豪華けんらんたる装置によって大劇の舞台を再現したが、期せずして名宝劇場において十四日から九日間公演の宝塚星組と競演になった。この入場料はA席三百円、B席二百円の二種である。」




拍手する

 御園座70年史より② 昭和13年 大阪松竹少女歌劇団 

昭和13年ってこんな年
誰か昭和を想わざる 昭和13年
「岡田嘉子のソ連逃避行」という事件があったり、八墓村のモデルになった事件が起こった年だったんですね。そして、国家総動員法が公布された ということなんですが、昭和12年7月に日華事変が起きていたため筆者は13年の書き出しを
「昨年の7月、日華事変突発の当時は、演劇界も大きなショックを受けて、いわゆるきわ物の時局劇以外に一般観客を吸引する方法はないように考えられたが、戦地からニュース映画が続々と送り届けられ、それがいたるところの劇場で上映されることになると、舞台上の戦争演劇はとうていその敵でないことをさとり、しだいに平静をとりもどしてきた。」
という風にしています。それに続けて、 
「そこで一月の興行はまず一日から大阪松竹少女歌劇を迎えて開演。新スターとして大いに売り出した秋月恵美子・芦原千津子(原文は千鶴子)をはじめ三笠静子から改名した笠置シヅ子、美鈴あさ子をあらためたアーサー美鈴、衣笠桃代・柏ハルエ・美浪スミ子・雲井八重子などを幹部とする少女歌劇団に、新組織の松竹ロケット・ガールズが加わってグランド・バラエティー『初春おどり』を上演。
 場面は“初春ばやし”
“廓の春”
“春は口笛吹いて”
“とそ機嫌”
“スイング・リズム”
“花むすめ”
“初神楽”
“ラ・クンパルシータ”
“しろがね”
“踊る花”
“ロケット・ガールズ”
“輝く艦隊”
の十二景になっていたが、中でも第五景“スイング・リズム”で笠置シヅ子のうたうスイング・ジャズと、アーサー美鈴芦原千津子の急激なテンポで踊るタップデュエットが評判で、フィナーレ“輝く艦隊”の整然としてしかも豪華壮麗な全員登場の舞台は観客の目をうばうに十分だった。なおこの興行には『支那事変ニュース』『未完成交響楽』『ポパイの空中戦』『ぺティの明部長』『ミッキーのいたずら小僧』などの映画を合わせて上場。入場料は一円と五十銭の二種で、九日間の公演。

昭和13年1月の記述より
(改行・太字等はseiya)

昭和13年(1938年)
第五景見たかった!
笠置シヅ子のスイングジャズにアーサー美鈴と芦原千津子のタップダンスって見事でしょうね。きっと。
お正月公演らしい出し物も加わってますね。
一年前の「春のおどり」に手を加えたのでしょうか。
「秋のおどり ―輝く艦隊― 」という演目が昭和12年にあるようですから多くは「秋のおどり」からなんでしょうね。
宝塚&OSK日本歌劇団共通ファンの戦前の項による)




拍手する

 OG情報 沙月梨乃出演情報 

情報をお寄せいただきました。ありがとうございます。

大坂夏の陣1615~城は燃えても俺たちは!

大阪城西の丸庭園特設舞台
2009年8月23日(日)午後7時開演 ※雨天予備(8/24)
前売り券:\3,000  当日券:\3,500 こども料金:\1,500 (※中学生以下)
チケットのお求め: ローソンチケット Lコード59105(発売中)
ローソン店舗 (Loppi端末)での直接購入: Lコード:59105
電話予約:TEL 0570-084-005 (telリンクは携帯のみ可)

キャスト
竹造(今太閤を夢見る青年) 西村亮介
丑松(竹造の幼なじみ) 天川龍一
与吉(竹造の幼なじみ) 漏留 豪
久三 桃井 翔
兵A 田上洋平
兵B 西山達也
半造(伊賀者) ドヰタイジ
栄次(伊賀者) 藤井達也
粂吉(伊賀者) 岩井由詠
お紋(伊賀者) 和田悠希
勘助(阿国一座の者 ) 沼澤敏明
佐助(幸村の家来) 伊能 努
金次 (村の青年) 疋田凌也(追手門学院大学1年 演劇部「劇団飛行船」) 徳川家康 芝本 正
豊臣秀頼 辰巳哲史
淀君 斉藤幸恵
千姫 福嶋美緒
大野修理亮治長 伊達久志
織田有楽斎 多賀勝一
真田左衛門佐幸村 朝日完記
後藤又兵衛基次 下元年世
木村長門守重成 田中秀享 講談師 旭堂小二三
家康の小物 河西なつ実
唄 リピート山中 いつもの阿国 鼓 美佳
一座の踊り子 増井友紀子 濱中優 飯星勇耶 石倉彩音 花田咲季 松尾和美 
青山美佐子 船木麻衣 松葉奈津子 登内千恵 西原都子
お霧 沙月梨乃
お米(百姓) 吉田純子
おすみ(百姓) 福田洋子
まつ(百姓) 森田有美
たか(百姓) 中谷昌代
よし(百姓) 河合佑美
おさん(百姓) 古林千穂
コロス 武島アイカ 近藤眉美 土田果歩 中村紋子 井上知子 福本享子 藤田有佳里 丸谷結紀 谷岡ゆか 瀧田舞 松田真理 中原愛恵 
鈴木さくら 上田美希 高橋静香 石黒 加絵(追手門学院大学3年 演劇部「劇団飛行船」) 木下 姿穂(追手門学院大学3年 演劇部「劇団飛行船」) 野口 武文(追手門学院大手前高等学校3年 演劇部) 森山 拳(追手門学院大手前高等学校3年 演劇部) 毛利 僚久(追手門学院大手前高等学校2年 演劇部) 子役 石垣凛 岡田彩 木村梨紗子 毛戸勇太 小林芽生 清水遼河 竹井亜衣 登内ゆかり 登内佑規 平野春花 真田太鼓


拍手する

 OG情報 極楽歌劇団 恵宝・晴日・雪乃 

極楽歌劇団より

極楽歌劇団人情活劇ミュージカル


『落語の国のプリンス~与太郎的アホのススメ~』


作・演出 北林佐和子
演出・振付 伊瑳谷門取


「アホの頭の中にはお星さんが輝いてる…。世の中の余計なイルミネーションが目に入れへんから…。」

落語のスーパーヒーロー与太郎の真実をミュージカルで描く異色作。


大阪公演

場所:精華小劇場
(難波駅近く)

9月
18日(金) 19:30
19日(土) 14:00
18:00
20日(日) 13:00
17:00

料金:大人 3,500円
小人 2,500円
(全席指定)


東京公演

場所:北沢タウンホール

10月16日(金)

料金:15:30公演
大人3,000円
小人2,000円
19:00公演
大人3,500円
小人2,500円
(全席指定)


出演

池田千絵・恵宝ねいろ・大澤真也・小久保びん(久保充改め)・後藤健司・錦織大輔・晴日あかね(大阪公演のみ)・人見達志・平本真弓・万田あけ美(池田あけみ改め)・レスカじゅん(岡崎順次改め東京公演のみ)・雪乃美玲
(五十音順)



週刊 極楽探偵団で、なぜか、希望さん写真とか、ビジューメンバーの写真とかみられたりします。

拍手する

 OG情報 大貴誠  

*灰谷幸* なにわ雑記 『おしてるや~ん♪』より

第12回なにわ名物大賞贈呈式2009・7・28
■贈呈式プレゼンテーター
 山本富造(山本化学工業株式会社 代表取締役社長)

 大貴誠(OSK日本歌劇団・元トップスター)

すでに終了しています。
記録として残しておきたくて。

なにわ名物大賞はなにわ名物開発研究会が行ってるのですね。

授賞式の様子にちらっとでも写っていないかなと思ったのですが、見つけられませんでした。

拍手する
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ

seiya

Author:seiya
OSK日本歌劇団のファンです。

このブログでは、昔のOSK、松竹歌劇団に関する話題と、OSK OGで現在も舞台活動をされてる方の情報を中心にアップしていきたいと思います。

OG情報友麻亜里洋あおい安希つかさ那月峻いにしえ美森あいか若木志帆波輝一夢ゆめのさよ寿依千沙月梨乃大咲せり花希望なつ紀珠希星佳水無月じゅん毬紗みのり花風ひかる水那れお恵宝ねいろ晴嶺真歩一色すぐるさあな大貴誠涼風うらら雪乃美玲森野木乃香貴城優希吉津たかしひび希美香高帆未来有希晃真汐祐奈篁汐音晴日あかね藤奈愛里煌みちる奈ツ城有貴進堂匠鶴野小巻琴浦ゆたか凛珠さあな朋菜あゆみ紫穂まいかミュージカル奈美ちはるはやみ甲志乃舞優奈ッ城有貴綾瀬なつ嵯峨みさ緒空輝つばさ洸弥和希実ようこ萌川菜千爽貴世笠置シヅ子匠りょう佳月美音初瀬みき舞奈かれん神代千穂瞳梨音相羽美穂陵ちはや東雲あきら美郷いつき1954年昭和29年御園座東京松竹少女歌劇メリー・ウィドウ英みちオペレッタ舞あかり友美愛麻美ゆう京極はる花レコード題名のない音楽会劇団陽月れなディナーショー歌手紺野あい帝劇晴嶺真歩(松平夏奈)雪白せいさ牧香織飛鳥悠子ライブ村尾亜紀伊織はやと佐渡裕1928年1984年歌園佐智子1950年琴野まいり天馬立篁セイ吉峯暁子紅いずみ香久耶雫大阪松竹歌劇団昭和28年昭和29年ACCHY昭和27年大阪松竹少女歌劇団昭和12年彩もりな昭和13年昭和8年輝かなゑ1961年1929年翔洵貴1959年1951年月川夏緒千原輝子沙羅アンヌ長谷川恵子1931年いぶき翔隼花るり月丘翔子麻里美由紀華彩ほのか瑞木彩乃洸弥和季奈ツ城夕貴

QRコード

名前:
メール:
件名:
本文:

いにしえ情報・OG情報など お寄せください。 お願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。