admin≫
 2010年01月の記事一覧 

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手する

 OG情報 66期生公演「WHAT A WONDERFUL WORLD」 

ルート66公演

「WHAT A WONDERFUL WORLD」

日時(予定)
2010年 5月15日 14時開演
            18時開演
      5月16日 13時開演
            17時開演 
      開場は開演の30分前 

会場 ZAZA

料金 3500円(税込、全席指定、当日500円UP)

チケット発売日 2010年3月14日(日)AM10時発売開始

お問い合わせ ZAZA 06-6212-3005

チケット販売 ZAZA 06-6212-3005(平日12~18時)
       チケットぴあ
       イープラス

出演者

彩もりな華彩ほのか洸弥和季沙月梨乃紫穂まいか
翔 洵貴、篁セイ千原輝子鶴野小巻、八留季 冴
(元OSK日本歌劇団66期生 50音順)

TETSUYA(BUGS UNDER GROOVE)
小久保びん(極楽歌劇団)

<友情出演>
桜花昇ぼる(OSK日本歌劇団トップスター)
美砂まり (OSK日本歌劇団娘役スター)



TETUYAのブログより

スポンサーサイト
拍手する

 OG情報 洋あおい情報 いろいろ 

3月 28日 (日) ミスターケリーズ (大阪曽根崎新地のホテルビスタプレミオ堂島内の1階)
            洋 あおい ライブ  2ステージ予定

6月3日(木)~6日(日) 浪速人情紙風船団 ペーパーバルーン ワッハ上方公演
              「銀の靴の踵を鳴らして…」
              作:白乃十万 演出:三浪郁二
              浪速人情紙風船団HP

7月         未央一さんとのジョイントライブ

8月         愛元麻樹サマーコンサート

10月        東京 ダンシングINムラコシ30周年記念公演 ゲスト出演

11月 29日(月) 大阪リッツカールトンホテル 洋 あおい ディナーショー


HIRO'S FACTORYより


拍手する

 OG情報 友麻亜里 出演情報 


2010年4月29日(木・祝)

鳥羽シーサイドホテル 
シーサイドホールにて

ディナーショー

出演★毬穂えりな 鳴海じゅん 波輝一夢 友麻亜里

料金★18000円 

時間★1部 食事16:30~
      ショー17:30~
  ★2部 食事 19:30~
      ショー 20:30~

猿の腰かけ日記より

拍手する

 御園座70年史より⑦ 昭和31年 

昭和31年 正月興行

 大阪松竹歌劇団の正月公演は吉例になって、今年も一日から十日まで開演。劇団を二つに分けたので、秋月葦原の顔は見えないが、勝浦千浪・香住豊・汐月満子・若草かほる・葛城日佐子・牧香織・月小夜子・桜国子・香島のぶ子・星ひろみ・真城のぶなどが大いに張りきって若々しい舞台をくりひろげた。

 初めのミュージックショー『春を呼ぶ騎士』は全十五景で、毒ガにさらわれた白菊の国の姫君を、二人の騎士が取りもどすという物語。大衆時代劇作家京都伸夫の作と演出だから、筋は単純だが、見せ場のツボはよく心得たもので、活劇あり怪物の出現あり、ギャグも織りこんでスペクタクル調をうまく出していた。これには月・牧・真城・葛城の中堅どころが活躍。次のグランドレビュー『初春おどり』全十四景は、前半が日舞、後半が洋舞という構成。日本ものでは、全員登場の“踊る初春”、香住のお役者小僧、の中村歌右衛門の“芝居前初春賑”、勝浦の生島と汐月の絵島の〝絵島生島”がすぐれ、洋舞では〝パッショネート・イン・レッド”“月への讃歌”“イッツ・ワンダフル”がととのっており、呼びものの“フレンチカンカン”はダイナミックな力動感にとぼしく、映画でみなれているだけに損な出しもので、むしろロケット・メンバーによるラインダンスが快適でよかった。ともかくにぎやかで明るい正月気分にひたることができるのと、OSKもたびたびの公演でなじみができたため、今までにない好成績をあげ、明るい見通しができた。料金は一等360円、二等百円、四人詰め桝席1560円。

拍手する

 御園座70年史より⑥ 昭和30年 

 大阪松竹歌劇団の正月興行は、このところ吉例のようになって、本年も一日から秋月恵美子・芦原千津子・汐月美津子・葛城日佐子・牧香織・香島のぶ子・立花正子・桜国子・星ひろみ・真城のぶ・千鳥浪路などの一行によって開演。

 グランド・レビュー『初春おどり』は、前半が西川鯉三郎・花柳有洸振付けの日舞で、八人の漁師がマンボ・テンポで踊る“大漁マンボ“、ぬけ参りを扱った“初詣で”秋月と芦原の“花召せ”“花争い”がすぐれ、後半は飛鳥涼・滝川はやみ・岡本哲男の指導による洋舞で、の蒙将と汐月の女奴隷を中心にした“モンゴりアン・ファンタジー”、秋月芦原の“マンボ・パラダイス”、二十三人のケースドラムを持った娘子軍の行進から全員のパレードになる“グランド・フィナーレ”が見ものだった。

 ミュージカルショー『白菊の騎士』は、京都伸夫の作で、滝川はやみ・岡本哲男・江川幸作の振付。白菊国の姫君が婚礼につかうハチミツを菊丸という少年がミツバチ国へ取りに行くという少女向きの物語。の菊丸、立花の白菊姫が主役でOSKらしい青春の夢をくりひろげた。一等席360円、二等席百円、東西両桟敷四人詰1560円で十日までの公演。

拍手する

 OG情報 篁汐音 出演情報 【追記】 

2010年 3月27日28日
吹田メイシアター
「lovely」
篁汐音

煌みちるブログより

【追記】

吹田メイシアター 主催公演のご案内より


Lovely
公演日時

3月27日(土) 18:00~
3月28日(日) 14:00~

入場料 前売 2,000円 子ども 1,000円
    当日 2,200円 子ども 1,200円
全席自由

チケット発売 1月30日(土)


拍手する
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
みんなで作るみんなで楽しむ演劇クチコミサイト、演劇ライフ

seiya

Author:seiya
OSK日本歌劇団のファンです。

このブログでは、昔のOSK、松竹歌劇団に関する話題と、OSK OGで現在も舞台活動をされてる方の情報を中心にアップしていきたいと思います。

OG情報友麻亜里洋あおい安希つかさ那月峻いにしえ美森あいか若木志帆波輝一夢ゆめのさよ寿依千沙月梨乃大咲せり花希望なつ紀珠希星佳水無月じゅん毬紗みのり花風ひかる水那れお恵宝ねいろ晴嶺真歩一色すぐるさあな大貴誠涼風うらら雪乃美玲森野木乃香貴城優希吉津たかしひび希美香高帆未来有希晃真汐祐奈篁汐音晴日あかね藤奈愛里煌みちる奈ツ城有貴進堂匠鶴野小巻琴浦ゆたか凛珠さあな朋菜あゆみ紫穂まいかミュージカル奈美ちはるはやみ甲志乃舞優奈ッ城有貴綾瀬なつ嵯峨みさ緒空輝つばさ洸弥和希実ようこ萌川菜千爽貴世笠置シヅ子匠りょう佳月美音初瀬みき舞奈かれん神代千穂瞳梨音相羽美穂陵ちはや東雲あきら美郷いつき1954年昭和29年御園座東京松竹少女歌劇メリー・ウィドウ英みちオペレッタ舞あかり友美愛麻美ゆう京極はる花レコード題名のない音楽会劇団陽月れなディナーショー歌手紺野あい帝劇晴嶺真歩(松平夏奈)雪白せいさ牧香織飛鳥悠子ライブ村尾亜紀伊織はやと佐渡裕1928年1984年歌園佐智子1950年琴野まいり天馬立篁セイ吉峯暁子紅いずみ香久耶雫大阪松竹歌劇団昭和28年昭和29年ACCHY昭和27年大阪松竹少女歌劇団昭和12年彩もりな昭和13年昭和8年輝かなゑ1961年1929年翔洵貴1959年1951年月川夏緒千原輝子沙羅アンヌ長谷川恵子1931年いぶき翔隼花るり月丘翔子麻里美由紀華彩ほのか瑞木彩乃洸弥和季奈ツ城夕貴

QRコード

名前:
メール:
件名:
本文:

いにしえ情報・OG情報など お寄せください。 お願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。